試飲【第三十六回・第三話】223

乱世の薬売りシン【36】(連載) 第三話「山月記」佩月なおこ/作
ハッサムって・・何者なんだw

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)
山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)

山月記(wikipediaより)
「山月記」(さんげつき)は、中島敦の短編小説である。1942年2月、『文學界』に「古譚」の名で「文字禍」と共に発表され、中島のデビュー作となった。唐代、詩人となる望みに敗れて虎になってしまった男・李徴が、自分の数奇な運命を友人の袁傪に語るという変身譚であり、清朝の説話集『唐人説薈』中の「人虎伝」(李景亮の作とされる)が素材になっている。 文部科学省認定教科書『国語』の題材にしばしば採用され、中島の作品中でも知名度が高い。野村萬斎によって舞台化された。

乱世の薬売りシン【36】第四話「全国水虫協会」

スポンサーリンク
Bitnami